日本空手道松濤會
松濤會について 稽古内容 道場紹介 入会案内

 準備稽古   基本      組手 

型
松濤館制定型

大極初段・二段・三段
平安初段・二段・三段・四段・五段
抜塞
観空
燕飛
岩鶴
十手
半月
慈恩
鉄騎初段、二段、三段
天之型(組手型、表・裏)
松風
空手は「型」を中心として、動き・考えて発展してきたものである。

松濤館制定型として、平安の型五つ、鉄騎の型三つ、抜塞、観空、半月、飛燕、十手、慈恩、岩鶴、それに船越義豪先生が開発された大極の型三つ、天之型(組手型)、それに棍の型松風の二十がある。

下段払い・追突きからなる大極初段を入門の型として、平安の型・鉄騎の型を初心者必修の型としている。

型の稽古を通して、空手稽古の三要素である、力の強弱、体の伸縮、技の緩急を習得すると同時に、武道の要訣としての調子、拍子,間合、呼吸そして気の流れ等を身に付けることが出来る。

全ての型の演武は一分程度である。




戻る 次へ

準備稽古基本組手

Copyright (c) 2003 SHOTOKAI All Right Reserved