日本空手道松濤會
松濤會について 稽古内容 道場紹介 入会案内

 準備稽古   基本      組手 

組手
組手は、稽古の一つの方法であり、突きがきくかきかないか、本当にこの受け技は使えるか、そんなことを確認するための一法であり、勝負を決めるものではない。


天之型
組手の入門型ともいうべき型である。表と裏がある。
  • 表は一人稽古で、突きの基本、中段受け・突き、上段受け・突きからなっている。
  • 裏は相手を立てて行う稽古で、双方八字立から、突手は一歩下がって下段払いの姿勢になり、受手は八字立で突手の攻撃を待つ。突手は予め決められた中段または上段を突く。受手は突きに合わせて一歩下がり、受け技を使い、極め手を出す。
中段、上段の六本からなっている。
基本一本組手
双方八字立から、突手は一歩下がって下段払いの姿勢になる。受手は八字立で相手の攻撃を待つ。突手は予め決められた中段または上段の突きまたは蹴りを出す。
受手は自分の間合いを考え一歩下がるか、一歩出て受ける。受けたら極め技を出す。

基本一本組手1

基本一本組手2
基本一本組手2 基本一本組手4
基本一本組手(前蹴り)
一本組手
突手・受手の双方は充分な間合いを確保して八字立で立ち、双方が下段払いの姿勢で構える。双方間合いを詰めて、突手は中段または上段の突きまたは蹴りを出す。
受手は受け技を出し即極め技を出す。

一本組手1

一本組手2
一本組手3 一本組手4
一本組手
組手稽古の中での受け技について写真で示す。
下段払いで受ける
下段払い即攻撃
下段払いで受ける 下段払い即攻撃
下段払い即攻撃 下段払い即攻撃
揚げ受けで受ける 揚げ受け即攻撃
相手の外側からの手刀受け 手刀切り(防御即攻撃)
相手の外側からの手刀受け 手刀切り(防御即攻撃)
相手の内側から受けた中段腕受け 腕受け即攻撃
相手の内側から受けた中段腕受け 腕受け即攻撃




戻る

準備稽古基本組手

Copyright (c) 2003 SHOTOKAI All Right Reserved